調剤薬局発信の入社日の決定とその準備について

入社日の決定とその準備について

採用が決定し、内定通知を頂き、転職の決意が固まったらなるべく早く承諾の返答をしましょう。返答が遅かったりすると、内定を辞退したものと思われる事があるので注意しましょう。メールでは不確実な事もあるため、担当者に直接電話で伝えるほうがよいでしょう。


西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

転職先が決定したら、現在在職中の方は退職しなければなりません。就業規則や労働契約等があれば、事前に確認し、業務の引継ぎなどに支障が出ないように、退職日と入社日を調整しましょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

業務の引継ぎなどは、余裕をもったスケジュールを立て、退職日の2、3日前までには、終わらせるようにすると、予定外のことにも対応できる確実な引継ぎとなります。退職日決定後に転職先への入社日を決めるのが、円満退社のためには重要なので、入社日の調整が困難な場合は、そのことを上司など担当者に伝え、退職日の調整をお願いしましょう。入社日を待ってもらわなければならない場合の保留期間は、基本的には一週間前後です。

 

退職する会社に返却するものは、・健康保険証・身分証明証・名刺、入社証など・通勤定期・書類、資料などで、会社から受け取るものは、・雇用保険被保険者証(勤務先に預けている場合)・離職票(退職後10日ほどかかります)・年金手帳(勤務先に預けている場合)・源泉徴収票などです。

 

調剤薬局