調剤薬局発信の面接を受ける時のポイントについて

面接を受ける時のポイントについて

面接で担当者は「やる気は、どれくらいあるか」「様々な人と柔軟に接することができそうか」「自分の企業のカラーに合うか」などを見ています。担当者と、うまく会話のキャッチボールをしながら、相手の表情や言葉のニュアンスを敏感に察知し、相手に好感を持ってもらえるように流れを作り、うまく自分をアピールすることが重要です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

企業のパンフレットやホームページを見ておくのはもちろん、説明会などで出た話などの、情報の見直しと整理をしておきます。自分をアピールする前に、その企業のことを知っておくことは最低限のマナーです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

長所短所などの自己分析をし、これまで経験してきたこと、そこから学んだこと、これから経験を活かしたいことなどを中心に具体的な事例に基づいて話しができるように、自己アピールの内容をまとめておきます。薬剤師を目指した理由、どんな薬剤師になりたいのか、入社後、どんなことができるのか、5年後の理想像、なども用意しておくとよいでしょう。

 

面接の最後には必ず質問がないか聞かれます。自身が企業研究をどれだけしてきているか、どれだけその企業に興味を持っているかを図る指標になるので、給与や待遇などではなく、仕事内容や研修など、前向きな質問を用意するのがよいでしょう。また、今までに携わってきた業務と、それにより得た知識、評価、実績などを回答できるようにしておきましょう。

 

薬剤師国家試験